家づくりの常識を越えた信頼の構造
 

信頼の高耐久性能!特許申請中「スーパー耐震工法」。
家づくりの常識を越えた優れた耐久性を実現。
住まいにとって何より大切なのは、厳しい自然環境から家族を守る“構造”です。見た目がおしゃれ。デザインがステキ。雰囲気ばかりで、でたらめな構造や工事をしている住宅メーカーも少なくありません。ましてや、完成すると構造の部分はほとんど見ることができなくなってしまいます。スエルテシステムは、家づくりでもっとも重要な5つのポイントに注目。強度を向上し、高い耐久性を確保しました。家族が健康で快適に暮らせるよう、設計から施工にいたるまで、安心の家づくりをお約束します。

基礎:基礎をガッチリ固めた堅牢な構造。
基礎は鉄筋を格子状に配筋し、組んだ上からコンクリートを流し込む「ベタ基礎」です。一般には、直径10mmの鉄筋を300mm角ピッチで配筋しますが、スエルテのスーパー耐震工法は強度を上げるため、直径13mmの鉄筋を200mm角ピッチで高密度に配筋(図1)。平面のベタ部分は一般の、厚み120mmのコンクリート打ちより頑強な150mmです。また、床下の腐食やシロアリなどの発生を抑えるため、基礎と土台の間にパッキンで隙間をつくり、床下の通気量を通常の2倍確保しました。何事も基礎が大事。優れた耐久性の鍵は、この基礎にあります。
■断面図 (イラスト)■上から見たベタ基礎【図1】 (イラスト)

軸組:寿命を飛躍的にのばすエンジニアリングウッドのドライビーム。
通し柱はすべて4寸角で、エンジニアリングウッドのドライビームを使用。集成材のエンジニアリングウッドはムク材と比べ、1.5倍の強度を誇り、全方向への耐久性が大幅に向上します。ドライビームは平均含水率18%以下の乾燥材(一般に使用されている未乾燥材は35%以上)で、収縮や変形がなく家の寿命を大きく延ばします。いまだに根強いムク材信仰は、木を接着しているという集成材への不安が原因。しかし木材の接着材(天然セルロースをベースにした安全性の高い物質)は非常に強く、実験的に大きな力をかけて折った場合、接着面よりも木の繊維が破壊されるほどです。
■乾燥材の平均含水率18% (イラスト)含水率30%含水率100%

2階床:強さと快適性、その鍵をにぎる2階床。
家を堅牢にするために大きな意味を持つのが2階床。一般には梁と梁の上に根太という細めの木(45mm×60 mm)を配し、その上に構造用合板、床仕上げ材を貼ります。梁の上にいきなり構造用合板という場合もあります。しかしスエルテは、より構造強度を上げるために梁に溝を作り、その溝に根太(45mm×105mm)を組み入れました(図2)。これで梁と根太と床面がしっかりと固定。横の力やねじれに強く、構造強度を大幅に増すことができます。さらにスエルテでは構造用合板と仕上げ材の間に、プラスターボードと遮音シートを挟み(図3)、遮音性をアップ。家族みんなが快適に過ごせる空間づくりに取り組みました。
■一般的な工法 (イラスト)■スエルテ スーパー耐震工法【図2】 (イラスト)
■一般的な工法 (イラスト)■スエルテ スーパー耐震工法【図3】 (イラスト)

壁:「新省エネ基準」も楽々クリアした経済的な住まい。
壁は、通気工法を採用しています。壁内に外気を自然に取り込み空気を循環させるため、壁内結露もなく、壁構造の耐久性が大きく向上しました。断熱材には優れた断熱性を誇る55mmのロックウールを使用。さらに空気層16mmの通気工法を採用。これによって、21世紀の住宅に求められる“電気光熱費の負担を少なくする”ことにも成功したスエルテ。「新省エネ基準」を楽々クリアした経済的な住まいです。 ■壁の通気 (イラスト)

計画換気:最上級、4☆☆☆☆の建材と計画換気で健康な住まい。

1.耐久性を高めるための内部結露の抑制【イラスト】
  1.耐久性を高めるための内部結露の抑制
湿気は雨粒のおよそ250万分の1という小さな粒子です。 そのため、室内の湿気は内装材を通って壁の中に侵入してきます。 壁が密閉状態の場合、湿気に逃げ場がなく壁体内で結露が発生することがあります。通気構法とすることにより、室内から侵入した湿気を通気層に通し、速やかに屋外に放出させ、壁体内結露を抑制します。
2.雨漏りの抑制
サイディングは、暴風雨などの時に接合部などからサイディングの裏面側に雨水が侵入することがあります。 通気構法を採用することにより、サイディングと透湿防水紙(スーパーシート)との間に空間ができるため、侵入した雨水を速やかに排出することができます。
  2.雨漏りの抑制【イラスト】
3.遮熱性の向上【イラスト】   3.遮熱性の向上
直射日光が当たると、外壁はかなりの熱を受けます。 外壁通気構法とした場合には、通気層内に上昇気流が発生します。 受けた熱の一部はこの通気層内の通風によって屋外に排出されるために、通気構法は日射などに対して遮熱の働きがあることが実験によって確認されています。

TOP商品概要信頼の構造お客様の声よくある質問会社概要全国加盟店リンク集お問い合わせ
株式会社ヘルシー・スエルテ・ジャパン TEL:086-265-4410 FAX:086-265-5599 e-mail:info3@suerte.jp